便臭の症状!便臭ってどんな臭い?

便臭を消す!イヤな臭いの原因と対策

便臭の症状!便臭ってどんな臭い?

スポンサードリンク

.

気になる便臭

便臭

体臭、口臭などの臭いには敏感になってしまう人は多いものですね。多かれ少なかれ体臭や口臭の症状は誰にでもあるもの。便臭も例外ではありません。便臭こそ誰にでもあるものです。ただ、トイレに入った後、誰かがすぐにそのトイレを使う時には、便臭が気になってしまいますね。特に他人のトイレの後の臭いは嫌なものです。それが強烈な臭いだとしたら、特に不快感をおぼえます。便臭の症状には程度があります。その症状は自分では以外と気づかないもの。便臭の症状は健康のバロメーターにもなります。他人に不快感を与える前に、便臭の症状が強くなっていないか気を遣うようにしましょう。


ページのトップへ ▲

便臭の臭いの正体は?

卵の腐ったような臭い

便臭の臭いの主体は、インドール、スカトール、硫化水素、またアンモニア、メチルカルカプタンなどです。どれも動物性タンパク質が消化分解されたアミノ酸(トリプトファン)が腸内細菌によって分解されて生じるものです。しかし、便臭の臭いの成分の一つであるインドールやスカトールは非常に低濃度の場合は、花のような香りがします。合成インドールなどは香水などにも使われているのですから、不思議ですね。硫化水素は卵の腐ったような臭いがします。硫黄の臭いともいわれます。これらの臭いの成分が便臭には含まれていて、腐敗物の臭い、卵の腐ったような臭いがするのです。


ページのトップへ ▲

便臭の症状の違い

赤ちゃん

赤ちゃんの便臭の症状は大人ほど強くありませんね。それは食べ物に関係しています。赤ちゃんが口にするのはミルクやおっぱいだけ。その赤ちゃんの便臭はビフィズス菌や乳酸菌の影響ですっぱい臭いがするのです。ビフィズス菌など善玉菌は炭水化物を分解し、臭いの少ないメタンや二酸化炭素、水素などに分解します。よって便臭の臭いの症状も軽いのです。便臭の症状は腸内の善玉菌に左右されるのです。腸内での悪玉菌が優勢であれば便臭の症状は強くなり、善玉菌が優勢であれば便臭の症状は弱くなります。赤ちゃんの便臭の症状は弱く、大人の便臭の症状が強いのは、加齢によって善玉菌が少なくなるからです。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク

| 便臭-ホーム | 便臭の症状!便臭ってどんな臭い? | 便臭の原因は何?どうして臭うの? | 体臭が便臭になる原因とその対策 | 口臭が便臭になる原因とその対策 | 肝臓や腸が悪いと便臭がするの? | 便秘症と便臭の関連性は? | 便秘の原因は?解消法を教えて! | 便臭の予防方法を教えて! | 便臭を改善したい!どうすればいい? | 便臭を消臭!消す方法を知りたい | 便臭の対策方法を教えて! | 便臭用サプリメントとその効果 | 便臭を消す!消臭効果のある食べ物 | 大根おろしが便臭に効くって本当? | ココアが便臭に効くって本当? | 便臭がするのは病気のせい? | 便臭の治療方法!どうしたら治る? | 便臭に効く薬(飲み薬など) | 便臭はどこに相談したらいい? | 介護時の便臭を消す方法 |

Copyright (C) 便臭を消す!イヤな臭いの原因と対策 All Rights Reserved.